沖縄旅行2013 – 準備

昨年7月末に1週間の予定で、沖縄旅行をしたが、滞在期間中台風が3つも来て、那覇に2泊余分に滞在を余儀なくされた。

今年は、時期をずらして、11月21日から4泊5日の沖縄旅行を計画、相変わらず珍道中の旅であった。

静岡からは、沖縄へはANAしか飛んでいないので、旅費を抑えるため、1年かけてANAのマイルをためた。予約は旅作を利用。

様々な要因がありぎりぎりで予約。出発の21日前であれば、安くなったのに、1週間前に予約をいれた。(失敗1)

マイルをどのように使うか初めてだったため、ANAに尋ねたところ、21日前でないとこれも使えないとのこと、さらに12,000マイルあって初めて使えるとのこと、知らなかった(失敗2)

旅行は、富士山静岡空港-那覇-石垣経由、小浜島で3泊して、帰りに那覇1泊の予定。無事予約は完了。

妻が石垣から小浜へのフェリーの時間を心配していたので、調べたところ、石垣空港の到着時間は、17:25であった。

昨年は、台風が2個沖縄に接近する中、何とか石垣空港までは行けたが、フェリーは欠航していたため、即那覇へとんぼ返りした。この時は、時間的にはフェリーはあったので、あまり気にしていなかったが、念のためネットで調べたところ、小浜島への最終フェリーは、なんと17:15だと分かった。ANAへの問い合わせの時刻は過ぎていたので、滞在先の「はいむるぶし」に電話したところ、乗り継げない旅行日程の予約が入っていたので、ANAに連絡したとのこと。一方ANAの予約から電話が欲しいむね留守電が入っていた。

翌日、ANAへ連絡。フェリーに乗り継げないので、結局はいむるぶしの一泊目はキャンセルとした。(失敗3)

羽田、もしくは名古屋からは、石垣島直行便があるので、その日のうちに小浜島に入ることは可能だが、静岡空港の場合は、車で40分ほどで行けて、駐車場も無料なので、シニアにとっては、非常の便利なので、静岡空港は譲れなかった。

では、一日目はどうするか。

石垣島では、新しい空港が今年春開港した。空港建設に関しては、30年以上前からサンゴへの影響が問題となっていることは知っていて、WWFでもサンゴの保護活動をしているので、白保の海の美しさを体感したいと思っていた。そこで、白保海岸の宿を探すことにした。WWFのしらほサンゴ村の近くに民宿を見つけたので、電話すると、11月のこの時期は、素泊まりだが、シュノーケリングは可能とのことなので、早速予約を入れた。これで、準備が整った。

プライベート